方角はどのように選んだらよい

家の鍵

これから注文住宅を建築するならば、方角は重要になります。例えば三原ならば、比較的土地が余っているため広島市の中心などと比べるとある程度余裕をもった住宅建築をすることができるでしょう。南向きの住宅は非常に魅力的ですが、南向きの住宅の場合でも太陽が当たるかどうかをよく確認しておくことが必要になります。実際に、その土地に行ってみないと太陽が当たるかどうかはよくわかりません。なぜかというと、南向きに大きな建物がある場合などは太陽が入ってこない可能性があるからです。そのため、本当にこの建物は太陽が入って来るかどうかを判断することが必要になります。となりの建物とこれから建築する自分の建物を見て太陽の入射角度なども考えておきましょう。

地震に強いかどうかを調べる

住宅模型

三原で注文住宅を建築する場合、土地の選び方が重要になります。特に最近は、地震に強いかどうかが重要になってくるところです。地震に強いかどうかに関しては、その土地の使われ方を見ると良いでしょう。例えば、もともと沼地のような場所だった場合には、いくら補強がされているとはいえ地盤が緩い可能性が高いです。あるいは、川のすぐ近くの場合も、地盤がしっかりしていない可能性があるでしょう。現代は、反乱が起きないように堤防などがつくられていることがほとんどですが、まだ堤防がない時代は何度も氾濫した可能性があります。そうすると、地盤が緩んでいる可能性もあるため、その分だけ地面の柔らかいです。後は、ハザードマップなどを見て判断するのが一番です。

どのような構造の住宅を選ぶか

一軒家

災害を意識した注文住宅の建築を三原市でするならば、その耐震構造なども頭に入れておく必要があります。最近は耐震構造が評価されている住宅が多く、耐震設計の住宅を選ぶことは決して難しくありません。耐震設計という名前を聞けば、地震に強い住宅であることがわかりますが、同じようなものに免震設計などとよばれるものもありますので、この二つの違いを理解しておく必要があります。耐震設計は、地震の揺れに対してその力を逃がすことなく受け止める力が強いことを意味しています。これに対して、免震設計の場合は地震の揺れそのものを外に逃がす働きがあるため、大きな揺れが来たとしても建物自体はそれほど揺れません。それ以外にも、制震設計と呼ばれるものがあります。これは、建物の壁などで大きな揺れを吸収する働きがあるかです。いずれも、それぞれ違いがありますので、金額がどれぐらいになるかなども同時に判断しておきましょう。

広告募集中